以下はさくらのレンタルサーバ上であることが前提です。

SSHクライアントのインストール

要インストール

TeraTermを起動するとプロンプトが表示されるので、それに従い自分のサーバに接続してください。


Python3のインストール

SSHを使ってログインができたらPython3をインストールします。普段あまりLinuxを使わない人は以下のコマンドは覚えておくべきです。

その他:Linuxコマンド一覧

下記リンクから必要なバージョンのPython3を選んで、以下の作業で適宜入力してください。

Pythonインストーラ

入力コマンド

                mkdir local
                mkdir local/src
                cd local/src
                wget https://www.python.org/ftp/python/3.4.0/Python-3.4.0a1.tar.bz2 --no-check-certificate
                tar -xjf Python-3.4.0a1.tar.bz2
                cd Python-3.4.0
                ./configure --prefix=$HOME/local/python/
                make
                make install
            
解説

                mkdir local							(ホームディレクトリにPythonをインストールするためのフォルダlocalを作る)
                mkdir local/src						(その中にダウンロードしたファイル置き場srcを用意)
                cd local/src						(srcに移動)
                wget https://www.python.org/ftp/python/3.4.0/Python-3.4.0a1.tar.bz2 --no-check-certificate
                								(Python3.4.0の入った圧縮ファイルをダウンロード
										--no-check-certificateオプションを付けないと証明書が云々と文句を言われると思います)
                tar -xjf Python-3.4.0a1.tar.bz2			(ダウンロードしたファイルを解凍)
                cd Python-3.4.0						(解凍されてできたフォルダへと移動)
                ./configure --prefix=$HOME/local/python/	(makefileの作成および--prefixオプションでインストールするディレクトリの指定)
                make								(作ったmakefileを元にコンパイル)
                make install						(インストール)
            

ここまでで無事にインストールされたはずです。 pythonをインストールした場所を忘れないようにしましょう

今回の場合、pythonのソースコードに指定するインタプリタへのパスは

                #!/home/アカウント名/local/python/bin/python3.4
            
になります。

環境変数の設定

Pythonにも有用なモジュールがたくさんあります。 それらを後々インストールし易いよう、対話モードでPythonを楽に起動できるようにパスを通しておきます。 ホームディレクトリに.cshrcというファイルがあるはずなので、それをエディタを起動して編集します。 vi .cshrcというふうにコマンドを打てばエディタが起動します。

以下の内容を追記するように編集して下さい

                set path = ($HOME/local/python/bin)
                setenv PYTHON $HOME/local/python/lib
            

またLinux初心者向けにviエディタの大まかな使い方を説明します。 viにはコマンドモードと入力モードがあり、viを起動してすぐはコマンドモードになっています。 コマンドモードのときは読んで字の如くコマンド入力が出来ます。 例えば、viを終了するときは:q, :wq, :q!のように入力します。順に終了、上書きして終了、上書きせず終了のコマンドです。 今何をしているのかわからなくなって困ったときは、とりあえず:q!コマンドを入力してviから抜けると良いでしょう。 コマンドモードから入力モードに移るには、iを入力します。 逆に、入力モードからコマンドモードに戻るにはESCキーを入力します。 自分が今どちらのモードで作業をしているのか分からなくなったときは、とりあえずESCキーを連打しておけばなんとかなると思います。

任意の場所に文字を入力するには、コマンドモードで目的の位置までカーソルを移動させてから 入力モードに切り替えて文字を入力します。 文字を削除したいときは、入力モードで打ち込んだ分はbackspaceで入力モード中に削除できますが、 すでに書き込まれている内容を削除したいときはコマンドモードでxを入力してください。 カーソルが乗っている部分の文字を削除できます。 より詳しい操作はGoogleに訊いてください


編集が完了したら、python3とコマンドを入力してみて下さい。 うまく設定できていれば、インストールしたpythonが対話モードで立ち上がるはずです。 対話モードを終了するときは、quit()と入力するか、Ctrl+Dで終了します。 立ち上がらないときは変更が反映されていない可能性があるので、いったんlogoutしてから再度ログインしてみて下さい。 それでも立ち上がらないときはgoogleに訊いてください

ここまででPython3のインストール作業は終了です。おつかれさまでした。