本稿はさくらのレンタルサーバにPython3をインストールしたい初心者向けです。SSHを使います。

SSHクライアントのインストール

要インストール

TeraTermを起動するとプロンプトが表示されるので、それに従い自分のサーバに接続してください。


Python3のインストール

SSHを使ってログインができたらPythonをインストールします。Linuxを使ったことがない人は以下のコマンドは覚えておくべきです。

その他:Linuxコマンド一覧

下記リンクから必要なバージョンのPythonを選んで、以下の作業で適宜入力してください。

Pythonインストーラ


入力コマンド

                mkdir local
                mkdir local/src
                cd local/src
                wget https://www.python.org/ftp/python/3.4.0/Python-3.4.0a1.tar.bz2 --no-check-certificate
                tar -xjf Python-3.4.0a1.tar.bz2
                cd Python-3.4.0
                ./configure --prefix=$HOME/local/python/
                make
                make install
            
コマンド解説

                mkdir local						カレントディレクトリにフォルダlocalを作成
                mkdir local/src						local内にダウンロードしたファイルを置くフォルダsrcを作成
                cd local/src						カレントディレクトリをsrcに変更
                wget https://www.python.org/ftp/python/3.4.0/Python-3.4.0a1.tar.bz2 --no-check-certificate
                								任意のPythonパッケージをダウンロード(ここでは3.4.0/Python-3.4.0a1.tar.bz2)
										--no-check-certificateを付けないと証明書関連のエラーが出るかもしれません
                tar -xjf Python-3.4.0a1.tar.bz2			ダウンロードしたファイルを解凍
                cd Python-3.4.0						カレントディレクトリを解凍されたフォルダ内に変更
                ./configure --prefix=$HOME/local/python/	--prefixでインストールするディレクトリの指定
                make							ソースのコンパイル
                make install						インストール
            

上述の範囲では説明を省略しましたが、configureはインストールに際してOSの違いを吸収するためのスクリプトです。 configureが生成してくれるmakefileのおかげで、OSを意識せずにPythonをインストールすることができます。 makeはconfigureが生成したmakefileを実行しています。

特にエラー等がなければここまででPythonがインストールされたはずです。 インストールした場所を忘れないようにしましょう。

Pythonソースにシバン(shebang)を明示したい場合、パスは以下のようになります。


                #!/home/(ユーザー名)/local/python/bin/python3.4
            

環境変数の設定

Pythonのインストールはできましたが、今のところPythonの対話モードを起動するのにフルパスの入力が必要です。 "python"あるいは"python3"と入力するだけで起動させられるほうが何かと便利です。 ホームディレクトリにある.cshrcというファイルで環境変数の設定ができます。 編集してインストールしたPythonへのパスを通しましょう。

追記したい内容は以下の通りです。あらかじめ設定されているパスを上書きしてしまわないようにしてください。


                set path = ($HOME/local/python/bin)
                setenv PYTHON $HOME/local/python/lib
            

viエディタを起動すればSSH上で編集できますが、使ったことがないとなかなかうまく編集できません。 そういう人は.cshrcをダウンロードして編集した後アップロードするのが手軽だと思います。 TeraTermにはSCPというリモート・ローカル間のコピー機能が実装されているので、それを使うと良いでしょう。 viを使ってみたい人は[viコマンド一覧表]などが参考になると思います。

変更後、一度ログアウトすることで.cshrcが最新の内容で読み込まれます。 再ログインし、うまく設定できていれば"python3"と入力することでPython3の対話モードが起動するはずです。 あらかじめPython2もインストールされている場合が多いので、"python"ではPython2が起動してしまうと思います。

ここまで作業は終了です。おつかれさまでした。